岩手県産 玄米 【いわてっこ】 5kg ge01

4,100円(税込)

購入数
玄米とは??




『からだに良い』とは聞くけれど、そもそも玄米とは
どのようなお米のことなのでしょう。



収穫したお米(稲)には、籾(もみ)と呼ばれる殻がついています。
その籾殻を除いた状態のお米を”玄米”と呼びます。
精米といって、玄米の一番外側にあるぬか層を削ると、
一般的に食べられている”白米”になります。



白米(精米されたお米)は、デンプン質(糖質)が中心です。
白米にするために削った部分にこそ、ビタミン・ミネラル・食物繊維など
私たちのからだに欠かせない、大切な栄養素がたっぷり詰まっています。

岩手県産 いわてっこ




こちらの商品は、岩手県産の「いわてっこ」と呼ばれる”本田無化学肥料栽培”で
育てられたお米です。
いわてっこは「ひとめぼれ」と「東北141号(こころまち)」という品種を
組み合わせた、岩手県オリジナルの水稲品種です。
「あきたこまち」に似た良食味で、適度な粘りがあり”冷めても美味しい!”と
人気のお米です。

こだわり




いわてっこは、本田無化学肥料栽培と言われる、発酵鶏糞を使い
田んぼで一切化学肥料を使わずに栽培する方法で育てられます。
栽培期間は農薬を使用せず、温湯消毒した種籾を活用し
減農薬栽培にも力を入れています。

美味しいお米を作るにあたり、土づくりにこだわりをもっています。
肥沃な山土を苗づくりに使用しているので
根の張りが良く病気に強い苗が出来ます。
また、田んぼに引いている水は、水田のすぐそばを流れる
清流 "金田一川" の水を使用しています。

からだを助ける栄養素


玄米には優れた栄養素が多く、特に、エネルギーを作り出す働きがある
”ビタミンB群”が豊富に含まれています。
からだのエネルギーとなる炭水化物をたくさん摂っていても、
ビタミンB群が不足しているとエネルギー化が進まず、栄養にはなりません。

また玄米には、食物繊維も豊富です。
腸内環境を改善し、内側からからだを整えてくれます。
消化に時間がかかるため満腹中枢を刺激し、少量でも満足感が得られます。

小さな一粒一粒に、豊富な栄養素をバランス良く含んでいるため、
”スーパーフード”とも呼ばれています。

玄米の炊き方


仝縞討2〜3回、軽く洗います。
⊃翦售錣法玄米と水(玄米の1.5倍の量)を入れ、一晩浸します。
 ※この時玄米1合に対して、お塩をひとつまみ入れると
  独特の匂いや苦みが和らぎます。
 ※玄米用の目盛りがあれば、そちらに合わせてください。
0貳娵个辰燭蕁△修里泙淇翦咾靴泙后

玄米アレンジ


■小豆と一緒に

■分づき米(玄米と白米を混ぜたもの)

■炊き込みご飯





■炒飯


お客様からの嬉しいお声


女性 F様 奈良県
玄米を食べるようになって一週間経ちました。 朝の目覚めがよく、体の調子が良くなった気がします。 頭のスッキリ感も、かなり違います!


女性 T様 宮城県
玄米は白米と違って、噛み応えがあり よく噛んでご飯を食べるようになりました。 白米の柔らかさが物足りないなぁと感じます。