私たちが暮らす田子町は
青森県内の町村で8番目の広さ。
約80%を山林が占める大自然の多い人口5400人の町です。

青森県は山・川・海と3つも豊かさに囲まれた土地なのです。

山菜・野菜(にんにく・ごぼう・りんご・長いも・・・)岩魚・あゆ・時期には釣り人が見えます。海(イカ・大間のマグロ・ほたて・・)

その中で頒布会では6月には掘りたてにんにくと漬物
11月中旬以降には鍋(健康元気鍋)とりんごを企画しております。

健康になれば元気・イキイキさが変わります。

私たちの周りには自然の恵み 力(ちから)活力となる食材に
囲まれている自然豊富なところです。

生まれも育ちもここ田子町です、当たり前に暮らしていました。
最近はコンビニやスーパーも年がら年中食べれるものばかり
冷凍食品や添加物の多く入っているお菓子屋・おかず類・漬物

そのような中でお年寄りも病気になる人口も増えています。

私たちはその中でもっと効率も悪いが手づくりや無添加のもの
現代だから口から入るものは健康に良いものがないか考えました。

玄米・野菜の漬物・小魚・ゴマ・塩・蜂蜜・山菜・・・

そのような中から初めての鍋をお願い致します。


まず11月には青森代表の南部のりんご

つやつやで美しいりんご。「ワックスが塗られているのでは?」との質問が消費者の皆様から寄せられることがあります。

これはりんご自身が内側から作り出す天然のもの。「油上がり(あぶらあがり)」と呼ばれ、りんごが成熟すると増える脂質「リノール酸」「オレイン酸」などの脂質(不飽和脂肪酸)が皮の表面に出てくる現象です。
品種によって「油上がり」しやすいものがあり、「つがる」「ジョナゴールド」などがその代表格です。「王林」などは完熟しても油上がりは見られません。

りんごのテカテカは新鮮さを保つ役割も!

「りんごが食べごろになる」ということは、「完熟している」ということです。
どんな果物でも完熟してから傷んでしまうのがあっという間ですよね。

しかし、りんごは完熟していながらも、自分で新鮮さを保つための成分を作り出しているということなのです!
人間に例えるなら、「お肌の乾燥を防ぐための高級クリームを自分の体内で作っている」ということです。そう考えると、りんごってすごい果物ですね!



 

ご要望のあった

「にんにく鶏すりみ団子入り鍋」2人前です
たっこにんにく鶏すりみ団子鍋には野菜のふんだんに入り
深み出しスープもついた美味しい鍋となります。
冬にかけて、体を温めて体にも良い鍋は気分も幸せになるものです。

口から入るもの、血液になり体全体に良い食べ物であり
幸せな気持ちにもなると2〜3倍は健康に良いもの間違いありません。

・鶏肉+田子にんにく入り
・わらび
・ふき
・白菜
・ジャガイモ
・人参
・玉ねぎ
・豆腐
・魚(白身か赤身)
・ホタテ
・ごま
・糸こんにゃく
スープ付き

◆2人分となります。


お届けは11月中旬以降となります。(※クール便でのお届けです)
無添加の為
滞在時にお届けいたします。

 

※年に2回11月と6月のお届けとなります
◆鍋セット11月〜のお届け
◆掘り取り生にんにく

 頒布会どちらからでも申し込みはお受けします

特別価格 13,980円(税込み)















 
  • 動画