田子にんにくの歴史

「12、3人で親を説得し、10万円集めて1万個のにんにくの種を買ってきたんだ。
 今思うと、
冒険
だったけどねぇ。」 故:西村金二(当時の農協青年部部長)


奥羽山脈の山懐にある、青森県最南端の町、田子。青森県、岩手県、秋田県の3県の県境の町です。(なんとなくにんにくの形に似ています)
冬は八甲田山から吹き付ける風と、火山灰質の土壌により、雑穀以外の農作物に恵まれない土地でした。その為、農閑期には出稼ぎへ行かなければならないほど、不安定な生活を送る家庭も多かったのです。
このままでは立ち行かなくなってしまう・・・町中が危機を感じていた1962年、


『福地村(田子町の北東に位置する村)で栽培しているにんにくが、結構な儲けになっているらしい』

そんな噂を耳にした当時の農協青年部部長・西村氏は、青年部の人達と福地村へ赴き『福地ホワイト六片種』と呼ばれるにんにくの種を買い付けました。

初めのうちは痩せた土地ではうまく育たず、収穫できるようになるまで苦労の連続でした。1970年、67戸の農家により「にんにく生産部会」を結成し、品質向上と収量アップの為、徹底的な土壌改良や生産方法の改善、品質・出荷の厳しい基準を設けました。
その結果、田子のにんにくは質・量ともに日本一の評価を得られるようになり、田子町独自のブランドとしての地位を確立したのです。

 

田子町のにんにく

田子町のにんにく

田子町で生産されるにんにくは福地ホワイト六片種』です。

どこかで聞いたことがある方もいるでしょう。雪のような美しい白さから名づけられたこの品種は、丸く豊かでエレガントな形と、1粒1粒が大きく身がしまっているのが特徴です。
国内で生産されるにんにくの中でも最高クラスの品質で、中央市場評価も高いのです。

田子町でのにんにく栽培が始まったのは1962年。十数人から始まった栽培は苦労に苦労を重ねて、ようやく出荷できるようになったのは4年後のことでした。
いつしか多くの農家がにんにく栽培を生業とするようになっていったのでした。

 

苦境を乗り越え日本一へ

田子町のにんにく畑

しかしその後、にんにくの価格の急落が始まりました。その危機を目の当たりにした農協は、厳格な選果基準を設け、厳しくチェックし始めました。それは田子産にんにくの高い品質を守るためであり、ひいては田子町の将来を守るための施策だったのです。

そこからは農協職員と農家とのぶつかり合いでした。基準をクリアするため努力する農家…、心を鬼にして厳しいチェックを続ける農協職員…。そしてその想いが、1990年代に入ってようやく身を結びます。

その高い品質からテレビなどのマスコミにも”日本一のにんにく”として紹介され、
出荷量においても日本一となり、
田子産にんにくは全国が認めるブランド商品としてその地位を確固たるものにしました。
 

にんにくの旬

にんにくも野菜の仲間。美味しく食べられる時期があります。
■収穫時期の10日ほどしか味わう事の出来ない
「生にんにく」
■収穫後、1ヶ月ほどの乾燥処理を終えたばかりの「初ものにんにく」
にんにくには”旬の時期”が2回あるのです。

にんにくの収穫時期は6月末頃です。
スタッフ、農家さん、家族、親戚、ご近所さんと、総出で収穫作業にとりかかります。
収穫直後のにんにくはとても水分が多いので、腐らないよう、根や土が付いたまますぐに乾燥させ、町にあるにんにく専用の冷蔵庫で保管されます。

その為、乾燥させる前の
「生にんにく」は、年に1度、収穫時期のわずか10日ほどの間しか味わうことができません。
まさに幻の、旬の味わいと言えるでしょう。


そして「初ものにんにく」とは、収穫したにんにくを1ヶ月ほど乾燥させた直後の、7月末〜8月末頃までのにんにくです。
「生にんにく」に比べると水分量は減っていますがまだまだみずみずしく、黒にんにく作りや料理にもピッタリです。





旬の時期が近づくと「また田子の美味しいにんにくが食べたい!」と、嬉しいご予約のお電話をたくさんいただきます。

田子のにんにくは味が違う!
ほんとに美味しいので知人にプレゼントしたい!
お店で使いたい!

というお声をいただいて、私たちもこの仕事にやりがいを感じております!

そして発送開始です!
梱包して発送する、という作業だけで1日が終わってしまうほど多くのご注文を
いただいております。たくさんのお客様に美味しいにんにくをお届けできることを大変嬉しく思っています。

※6月〜7月の旬の時期は、多くの予約をいただいておりますので、
当月に予約のお電話をいただいてからすぐに発送ができない場合もございます。
ご了承下さいませ。
予約はお早めにしていただければ幸いです。

 

にんにく栽培は子育て

田子町のにんにく畑

日本一のにんにくが出来上がるには、日本一の愛情を込めて栽培することも大切です。

にんにく栽培は日々、天候と病気との戦いです。毎年同じやり方では太刀打ちできず、育て方も進化させ続けています。

にんにくを植えた時から
病気になりませんように」「元気に育ちますように」「美味しく食べてもらえますように

毎日愛情を込め、祈るように育てています。それはまるで子どもを育てるかのように。
 

田子にんにくの美味しさの秘密

田子町のにんにく畑

田子にんにくと他のにんにくとの違いは、なんと言ってもその旨味と甘味でしょう。

それにはこの土地ならではの長く厳しい寒さが関係しています。にんにくは、凍るまいと自らの糖度を高め身を守ります。

また、じっくりと熟成させ黒にんにくにして味わうと、よくわかります。
高い糖度と深い旨みは、まるでフルーツのようです。

田子にんにくの魅力を、一人でも多くの人に知ってもらいたい、味わってもらいたい」
       

そんな想いで、私たちにんにく王国のスタッフは栽培から検品、包装まで心を込めて作業しております。

ぜひにんにく王国の商品をご堪能ください。






 

  • 動画