アホエンがなぜ注目となっているのでしょうか?!

・疲労回復
・風邪予防
・美肌
・殺菌作用
・抗ウィルス作用
・血圧低下
・冷え性改善
・コレステロール低下
・血液サラサラ
・ストレス回復
・記憶力アップ
・免疫力強化

など・・・。

又、抗血栓剤、抗凝固剤としての作用で、血液中の血小板が血栓になるのを予防し、心臓病や脳梗塞の危険性を減らしてくれるとも言われております。
動物実験では、脳を活性化させて老化を防ぐことがわかり、話題になりました。

※あくまでも効果があると言われているのであり、病気を改善するのもではありません※


古来・エジプトの時代から、滋養強壮に良いと親しまれてきたにんにく。
 今、注目のにんにく成分の1つ
『アホエン』 はにんにくを低温・一定の温度でじっくり、
長時間抽出する事により、初めて採れる成分です。
生や揚げたにんにくでも、低温や高温で加熱しただけでも
抽出する事はできません。
にんにく王国のガーリックオリーブオイル(エキストラバージンオリーブオイル)は、
上質なオイルです。
?エキストラバージンオリーブオイルの人気の秘密
 
・オレイン酸 (参加しないのが秘密)
 ・リノール酸  (人間の体内で作ることができない)必須脂肪酸)=オメガ3
 ・パルミチン酸 (抗酸化作用があり)体内のビタミンAを安定させ
          アンチエイジングなど期待ができる
 ・ビタミンE (抗酸化物質の1つでアンチエイジングで有名         ホルモンバランスを整えたり
         自律神経を整えたり自律神経の安定血液促進、血液促進免疫力をアップする
         など大切なビタミンです。
 ・クロロフィル(細胞や血液を作るのを促進します抗酸化作用があり生活習慣病の予防・
         コレステロールやダイオキシン
          ?青森県田子産のにんにく
1992年にはア メリカの国立がん研究所が、がん予防に一番効果 のある
食品として発表しています。  にんにくと言えば、
あの独特な臭いが苦手だと いう人が大半を占めますが、
臭いのもとである「ア リシン」には、ガン予防
、 血中脂質低下作用、抗 菌作用そして抗酸化作用など様々な
機能性がある とされています。   「アリシン」は、にんにくに
含まれる「アリイン」 の酵素反応によって生成されますが、
この物質は とても不安定な物質で、その後の加工条件によっ て
様々な物質へと変化します。  今回は、その中でも、
血栓防止効果や抗菌作用 があるとされる「アホエン」という
物質に注目し、 効率よく得られる加工法がありました
それがアホエンですというガーリックオイルです
         
  • 動画